読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fusachikoの日記

会社を辞めて、外国へ。

グレーのアイブロウ需要は日本だけ?

アイブロウを買うために、仕事帰りにドラッグストアに寄った。

 

今使っているアイブロウは軸を回すと芯が出てくるタイプのもの。もうほとんど使い切ってしまっていて、ペン先のプラスチック部分をハサミで切って無理やり芯がでるようにして使っている。髪の毛が真っ黒だけど、黒だと色が強くて眉毛が書きにくいので、グレーを愛用している。

 

さて化粧品売り場。表記は全て英語な上に、アイブロウとアイラインは見た目が似ているので判別が難しい。各ブランドのアイブロウを入念にチェックしていって、2つのことに気がついた。

 

まず、今使っている軸を回せば芯が出てくるタイプのものが全然見当たらない。鉛筆タイプしかない。このタイプは先が丸くなるたびに鉛筆削りで削らなければいけないので非常に面倒臭い。オージーは無精者が多そうだから、軸を回すタイプの商品はウケそうなのに。

 

そして、グレーがない。スーパーマーケットには各国の商品がずらりと並び、街を歩けば白人にアラブ系の人に黒人にアジア人と、実にさまざまな人が暮らす多民族・多国籍国家オーストラリアなのに、グレーがない。ブラウンとダークブラウンしかないメーカーがほとんどで、ときどき黒があって、グレーはない。

 

結局、軸を回すタイプでもなければグレーでもない、鉛筆タイプの黒と鉛筆削りを買った。

 

韓国人や日本人向けのドラッグストアにはグレーもあるんだろうけど、大手のチェーン展開しているPriceline Pharmacy(日本でいうマツキヨとかセガミみたいな感じ)に置いていないとは予想外。アイブロウは多国籍対応していないらしい。

 

・・・でもよく考えてみたら、眉毛が黒い外国人って、総じて眉毛をしっかり描いているから、そもそもグレーは日本人以外には需要がないのかも。