読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fusachikoの日記

会社を辞めて、外国へ。

意見をビシッと言うフランス人は後腐れがなくていい

シドニー生活

引っ越した家は6人住める。オーナーのオーストラリア人とその彼女が一部屋に、私とフランス人と韓国人がもう一部屋に住んでいる。4人部屋なので、現在入居者募集中。

 

先日、飲んで帰った。といっても11時くらいだから、そんな遅い時間ではない。部屋に入って電気をつけると、フランス人に「消してくれ」と言われた。

 

たしかにみんなもう布団に入っていたし、そうだよな眩しいよな、と電気を消し、ベッドの上でビニール袋をゴソゴソやっていたら、フランス人が起き上がってスマホを見せてきた。そこには4時30分に設定された目覚ましが表示されていた。

 

「明日朝早くに起きなきゃいけないの。静かにして」

 

けっこう驚いた。たしかにちょっとうるさかったとは思うが、わたしがゴソゴソしてたのは20秒くらい。日本人感覚だとまだ我慢してる時間だ。

 

そしてその翌日、仕事が終わって家に帰ると、フランス人に話しかけられた。「わたしは4時半に起きても電気はつけない。なぜならみんなのことをリスペクトしてるから。だからお願い、寝ているときは電気をつけないで」といった内容だった。

 

フランス人は自分の意見をはっきり言うという話を聞いたことがあったけど、本当にはっきりしている。これが日本人同士だったら、うるさいなぁと思いながらも言い出せず、外部の友人にでも愚痴ってストレスを発散して、うっぷんをためていくのが一般的だろう。少なくとも2〜3回同じことが繰り返されるようだったら注意しよう、くらいの感覚ではなかろうか。

 

少々面食らいながらも、わたしは彼女に前日の晩の無礼を詫びて、その後は和やかに世間話をした。はっきり言ってくれるぶん、後腐れなく根を引かないのがすばらしい。こういうコミュニケーションもあるんだなぁ。