読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fusachikoの日記

会社を辞めて、外国へ。

郷に入っては郷を作ってしまう中国人と素直に従う日本人

f:id:fusachiko:20170226195052j:image

中国人にたぶん道を聞かれた。なぜあやふやなのかというと、中国語だったから。多民族国家オーストラリアにはアジア人がたくさんいるから、中国人に間違えられているんだろうと、「I'm sorry. I'm Japanese」と答えた。

 

彼は「オー、ジャパニーズ」みたいなことを言ったから、わたしが日本人であることはわかったはずだ。それなのに、依然として中国語で話しかけ続けてくる。しかも、表情と雰囲気から察するに、どうやら世間話だ。

 

そんなバカな、と思うけれど、実はこの手の経験は初めてじゃない。「相手が中国語を理解していないとわかってもなお中国語を話し続ける中国人の話」は、日本人の友達とのあるあるネタだったりする。

 

郷に入っては郷に従え。そんな言葉があるけれど、中国人は「郷に入っては郷を作ってしまえ」だ。多くの国に中華街があって、立派な中国人コミュニティがある。シドニーにもチャイナタウンがあるけれど、言葉も表示も中国語。英語は通じるものの、お店によっては「中国語がわからないなら諦めて」みたいな空気がすごい。

 

そういう自分たちの居場所を作れる国民性が影響しているのか、英語圏のシドニーなのに、彼らはたとえ英語ができなかったとしても、そのことにまったく引け目を感じていないように見える。すごくうらやましい。

 

一方の日本人は、自分も含めて、素直に郷に従う人が多いように思う。空気を読むことに重きを置く性格の部分と、小さな島国で生活してきたから、よその場所で自分たちの居場所を確保する、みたいな考え方に不慣れなのかもしれない。実際、シドニーにはチャイナタウンだけじゃなくて、タイやインド、ベトナム、イタリアなど、それぞれの国の人があつまる場所があちこちにあるのに、ジャパニーズタウンはない。

 

よく言えば、相手の文化やルールを尊重して、受け入れられる。悪く言えば、主張ができない。そもそもよその国でジャパニーズタウンをつくる必要がはたしてあるのかっていうのはさておき。

 

こういうことに気づいたときに、外国に住んでみてよかったなぁとつくづく思う。新しい発見はおもしろい。