読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fusachikoの日記

会社を辞めて、外国へ。

イースター最大のイベント「Sydney Royal Easter Show」は規模がすごい

昨日の「Dodo Sydney Family Show 2017」に引き続き、今日はシドニーイースターのビッグイベント「Sydney Royal Easter Show」に行ってきた。農産業とエンターテインメントを融合させた酪農祭だ。チケットは1日券が40ドルくらいで、4時からのものが32ドル。夕方からで十分だろうということで、4時から会場入り。

 

オリンピックパークというシドニーオリンピックが開催されたときの競技場が揃う場所が会場となっていて、大きさはディズニーランドくらいの規模。さすがは広大な土地を持つオーストラリアで、こういうイベントの広さは桁違い。

 

f:id:fusachiko:20170415212902j:image

酪農祭と言うだけあって、動物のコーナーがたくさん。各動物のブースはそれぞれ大きめの体育館くらいのスペースがあって、そのぶん動物の数も多く、そのぶん臭い。羊のブースでは毛を刈るところを見れるショータイムがあって、寒そうな羊ともっさりした羊がわさわさいる。 

 

f:id:fusachiko:20170415212913j:image

f:id:fusachiko:20170415212929j:image

 ニワトリのブースには、各種類のニワトリがゲージに入れられてずらり。何かのチャンピオンのニワトリは、たしかに王の佇まい。これぞ鳥貴族。他にたくさんのヒヨコや、孵化直前の卵が並べられていて、生まれたてのヒヨコが見れるコーナーも。

 

f:id:fusachiko:20170415212948j:image

小さい豚はとてもかわいい。

 

f:id:fusachiko:20170415212956j:image

動物ふれあいコーナー。人と動物が同じくらいいる。全動物が体育館一つ分くらいのスペースに放されていて、このへんの大雑把さと規模感はすごくオーストラリアっぽい。

 

f:id:fusachiko:20170415213005j:image

ふれあいコーナーの一角にいたあひるの子。小さい豚よりかわいい。

 

f:id:fusachiko:20170415213012j:image

アルパカコーナー。こんなかわいいのか。アルパカ。顔がちょっと間抜けなのが愛嬌あって愛らしい。かわいさランキングは1位あひる、2位アルパカ、3位小さい豚。

 

f:id:fusachiko:20170415213031j:image

夜になると、ライトアップにBGMがガンガン鳴って、ちょっとクラブみたいな雰囲気。コースターや観覧車、メリーゴラウンドに空中ブランコと、乗り物は一通り揃っているものの、チケットは別売り。物価の高さを痛感。

 

f:id:fusachiko:20170415213020j:image

不気味に擬人化されたバナナが下々を見下ろすチョコバナナ屋さんはさすが外国のセンス。怖い。こういう屋台があちこちに並んでいて、眺めて歩くのも楽しい。

 

他にウールワースという大手スーパーマーケット主催の巨大な食のブースに、アートやファッション、日用品、ガーデニングなど、物品も豊富な品揃え。全部ゆっくり見て回ろうと思ったら1日かかりそうなくらいのショップが軒を連ねる。

 

f:id:fusachiko:20170415213043j:image

 会場内のスタジアムではショーが見れる。わたしが見たのはバイクと車のアクロバットショー。写真中央の坂の上空でぶれているのがバイク。ぽんぽん飛んでた。

 

印象的だったのは周囲にいた子供達で、声援の送り方がすごい。飛び跳ねながら拳を振り、声を張り上げ、成功したときには絶叫する。有名な選手だったのか、それともこの国でモーターショー人気がすごいのか、そのあたりはよくわからないけれど、オーストラリアのスポーツ観戦好きな国民性を垣間見た気がした。(モーターショーをスポーツと言っていいのかはわからないけど、あのアクロバティックさはスポーツだと思う)

 

f:id:fusachiko:20170415213057j:image

 

最後は花火。スタジアムの中央からバンバン花火があがる。この写真はまだ上がりはじめでキレイだけど、この後間も無く煙が蔓延。爆風の中で上がる爆発音と瞬く光に、「戦争ってこんな感じなのかなぁ……」と思いを馳せることになった。年始プレイバック