読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fusachikoの日記

会社を辞めて、外国へ。

「友達に用もないのに連絡したら迷惑」は大間違い

定期的に連絡をくれる高校時代の同級生や前職の同期がいる。わたしの近況を気にかけてくれたり、彼女たちの近況を教えてくれたり、内容はその時々でさまざまだけど、連絡をくれるということ自体がすごくうれしい。

 

彼女たちの日常の中で「そういえばどうしてるかな?」と思い出してもらえること、何かあったときに連絡しようと思ってくれてること。自分がそういう存在であることに幸せを感じるし、そんな友達がいることが誇らしい。わたしのこれまでの人生は捨てたもんじゃないぞ、という気持ちにもなる。

 

連絡をくれるだけでもハッピーなのに、さらに2人の友達が実際にオーストラリアまで遊びに来てくれた。1人は昨年の11月に、もう1人は昨日からシドニーに滞在していて、週末には一緒にエアーズロックに行く。

 

東京とシドニーは直行便で10時間弱。ヨーロッパや直行便がない南アフリカなんかと比べれば来やすいし時差もないけど、それでも遠い。第一、貴重な休みに他の魅力的な旅行先を蹴ってオーストラリアを選んでくれることがありがたい。しかもわたしが住んでいるのは、本気出したら1日でだいたい見終わるシドニーだ。

 

人に心を許して本当の意味で仲良くなるのが苦手なわたしにとって、気心の知れた友達が遊びに来てくれるのは、ものすごくうれしい。ベラベラベラベラしゃべり倒し、テンションがとんでもないことになっているのがわかるけど「こんなテンション上がっちゃって『こいつよくしゃべるな〜』と思われてんだろうな」と自覚できても全然抑えられない。

 

離れてみると、日本にいる友達が恋しいし、自分にとっての彼女・彼らの存在の大きさがよくわかる。だからこそ、ちょっとした連絡が死ぬほどうれしいし、実際に遊びに来てくれた日には舞い上がるほど幸せな気持ちになる。自分が外国に住むまでは「用もないのに連絡しちゃ迷惑かな」なんて思ってたけど、とんでもない大間違いだった。